スタッフブログ
ホーム > スタッフブログ

2014年2月15日土曜日

広島木の家注文住宅 住みやすく、使いやすく・・・

2010年に新築を建てさせていただいたお客様から、リフォームの依頼がありました。
ご自宅で写真撮影の仕事をされているY様。

「衣装や小物が増えて、子供部屋が物で占領されているので、ロフトを作りたい。」
「2階の天井裏を物置にするために、床を貼って欲しい。」
「玄関ホールが暗いので、シューズクロークの建具をなくしたい。」
「玄関ポーチにスロープをつけたいので、開口を開けて欲しい。」
                                      などなど・・・

きれいに仕上げるというよりは、雑に、シャビーに、古材風に仕上げたいという奥様のご要望で、試行錯誤しながら、大工と現場監督と塗装屋さんが頑張ってくれました!

キレイに仕上げる事をいつも心がけているだけに、すごく難しい工事でした。

古い材料に見せるために、釘で板をボコボコに叩いたり、キズをつけたり凹ませたり・・・
普段しない工事がたくさん(笑)

奥様も喜んでくださり、みんなホッと一安心。よかったです♪

[ 改装前 ] 
シューズクロークの窓から入る光が建具でシャットアウトされ、暗い














[ 改装後 ] 
 窓の光がたくさん入って、明るい玄関。
 壁には古材風足場板をランダムに貼りました

[ 2階子供部屋1のロフト ]

天井の色は、こげ茶
パイプハンガーをつけて衣装クロークになりました

















[ 2階子供部屋2のロフト ]

撮影部屋
天井は黄緑♪






[ 2階天井裏ロフト ]
荷物が置けるように、杉を貼りました














[ 玄関ポーチ ]
スロープがつくので、壁だったところに開口を開け、
古材風に仕上げた板を貼りました。


















難しい課題でしたが、みんなで協力して完成しました!

協力してくださった、大工さん、塗装屋さん、ありがとうございました!


うえま