スタッフブログ
ホーム > スタッフブログ

2016年5月17日火曜日

広島注文住宅ブログ 薪ストーブメンテナンス始動!

どんどん気温も上がり、春というより夏を感じることも多くなってきました!

環境事業部 WoodStock では、
薪ストーブのメンテナンスシーズンに突入し、西へ東へ北へ・・・メンテナンス頑張っています!

今日も、設置・メンテナンス担当のKさんとOさんは、
2件のストーブメンテナンスへ行っております!



1件目メンテナンス

[ ストーブ歴 ]     3年

[ 設置ストーブ ] ダッチウエウスト  
           フェデラルコンベクションヒーター ラージ 


本体と煙突のメンテナンスを行いました。

キャタリティックコンバスター(触媒)の中央がボロボロになり、持ち上げると崩れ落ちてくる状態でした。
新しいものに交換しました。






←交換前の触媒の様子
  中央部分が崩れ落ちてなくなっています。
  熱で膨張して、形が変形しているのがわかります。














← 新しい触媒を取付
   天板を外すとこんな感じです。
  ステンレス製の触媒
  触媒が少し改良されて、
  以前の触媒より強度が増しました。
  (フェデラルコンベクションヒーター)



煙突内部の煤は少し多いくらい。

触媒の状態を見ると、温度が上がりすぎている可能性がありました。

お客様にメンテナンス結果を報告して、1件目のメンテナンス終了!


























2件目は、湯来町へGO!


もうすぐ梅雨が来ます。
ストーブユーザーの方は、
梅雨が来る前にストーブ内部の灰をキレイに掃除してくださいね。

煙突から湿気が下りてきて、ストーブ内部にある灰が水分を含むと、内部の鋳物が錆びてしまいます。

お気を付け下さい!!

夏もストーブのお仕事は続きます!
これからWoodStockのトラックを見かけたら応援してください(*^0^*)/




環境事業部 うえま